Kindleデザイン

【全身性エリテマトーデス/SLE体験談】なまけ闘病記が完成!Kindle本デザインご依頼に隠されたご縁のお話。

わたし
わたし
私がイラスト・デザイン担当させていただいたKindle本の表紙のご紹介です。2019年12月…

\1・2巻/執筆完了!

福海 智様が執筆中の”がんばったら負け。”「なまけ闘病記」の全3巻のうち、1・2巻が制作完了されるとのことです。この度は執筆おつかれさまでした!
「全身性エリテマトーデス」という病気の闘病を綴られた内容となります。私の方に表紙イラストとデザインのご依頼をくださったのが秋頃でしたので、そろそろかな?と発売を楽しみにしておりました♪

追記 (2019.12.21 祝1・2巻発売!)
さらに追記 (2019.12.29 家庭医学・健康カテゴリーにて 祝1位!)

なまけ闘病記

著者・福海 智様 Kindleストア

タイトル下

先行での発売は1・2巻となります。表紙デザインは現在執筆中の3巻も共通ですのでご購入にお間違えのありませんように(*^-^*)

私が「全身性エリテマトーデス」を知っている理由。

今回福海様が私の方に表紙デザインをご依頼くださったのには、ちょっとしたご縁がありました。そのご縁というのがこちらの書籍制作サンプル画像なのですが…

血小板が限界です
“主人の血液検査記録集”
\作・ままのあーる/・・・!

こちらの「あーる」は、わたくしRIBBONの「R」です 笑。つまり「もし自分が何かエッセイ本を出すとしたら」をテーマにして制作したサンプル表紙で、主人の患う病・実話を題材にしてみました。病気をご存知ない方でしたら「血小板」の文字に反応もないと思うのですが、福海様は気になってくださったご様子。

主人のメイン症状は「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」で血小板数が通常の人より少なく出血すると止まりにくいのですが、ITP発症の原因を辿ると膠原病由来で「全身性エリテマトーデス」も兼ねているのではないかという診断結果に。\エリテマトーデスっ!/病名のインパクトがすごい。主人が入院した日に主治医の先生から「今夜が山です」を宣言された時は騒然となりましたが、今は落ち着いた生活を取り戻しています。そんな家族を持つ私へエリテマトーデスに関するご依頼が来た時には運命を感じずにはいられませんでした!

ご縁に感謝!知っている病を具現化したポイント。

当初は「全身性エリテマトーデスの一部を現したキャラクターを表紙に入れる」ご依頼で、病をそのままキャラクターにするというご提案の場合に特徴を盛り込むと…

・出血しやすい(鼻血、痣)
・入院すると点滴(黄色い血小板輸血)
・屋外ではサングラス・日傘が必要(紫外線過敏)
・夏でも汗だくで長袖(紫外線過敏)

内容が濃い。具現化するのにベストな方法を探す上でヒントになったのは福海様のブログです!
本日も、なまけ日和
私の紹介記事も書いてくださいました♪

今回出版されるKindle本の元となっている闘病ブログの記事を一部ですが読ませていただくと、リアルな「人」を感じたのですね。そのことから実際の患者様をイメージするビジュアルの方が同じ病気を持つ方にとって読みたくなるのでは…となり、人物キャラクターを採用していただく流れになりました。

なまけ闘病記・ビジュアル

こだわったポイントは「屋外では長袖」を着なければならないのに「体の痣」を表現すること(こちらは入院中の設定に)や、窓から日が差し込むことに焦っていらっしゃる表情で「紫外線過敏」を表現したことなど。痣の色は福海様はもう少し濃い色をご希望されていたと思います。実際は確かにもう少し「濃い」かもですね…主人の場合は\盛り上がってどーん!/って感じでした。イラストとしてデフォルメするか…最後まで悩んだ箇所でした。

おわりに

デザイン作成のご縁は書籍サンプルだけでなく、全身性エリテマトーデスは女性が9割の疾患ということもあり、女性向けのデザインに理解のありそうな私に白羽の矢が立ったそうです。著者様の言葉を借りると「多少のユーモアを交えた作品です。同じ難病の方以外にも多くの方に注目してもらえるような内容となっています」とのご説明を受けて、表紙デザインは親しみを持って手に取りやすいコミカルな雰囲気を意識しました
私は主人が病気になった時に、まず病気のことを知りたい・経過・その後どうなるかを知りたくて、ネット検索→闘病ブログを読みあさり、関連書籍も購入しました。少しでも不安な気持ちが軽くなりますように…「なまけ闘病記」が、そういった方の手に届くことを願い当方のブログ記事とさせていただきました。福海様、この度はデザイン・イラストのご依頼とこのような機会をいただき誠にありがとうございました!

お仕事紹介を見てみる